マイホームのベランダは狭くしないで良し

一戸建てマイホームのベランダは狭くする必要はないと思っています。これが住宅がみっちみちに建てられている住宅地であったり、同じく所狭しとビルが建てられているようなマンション街にマイホームを建てるというのでしたら、ベランダも狭く作らなくてはならないでしょうか。

しかし、そのような限定された環境ではないのでしたら、マイホームのベランダの幅はある程度の幅を設けておいていいと思いますので。というかわが家にしてもそうでした。以前はマンション暮らしだったものですから、「ベランダの幅は狭くても良いよね」と思っていたのですが、しかしわが家を建ててくれた工務店の設計士さんに「ベランダは広めに作っておいた方がいいよ」とプッシュされて、そして結局マイホームのベランダは広めというか一般的なサイズのベランダで作ることにしたのです。

わが家のベランダの大きさをざっくり言えば畳1つ分ぐらいでしょうか。しかしマンションやアパートのベランダとなるとその半分ですから、そこからしたら十分に広い大きさですよ。そして広めのベランダは、手すりにつくことなく布団を干すことができて、まさにストレスフリーです。設計士さんの話を聞いておいて良かったと思っています。ベランダサイズは広めでも狭目でも、大して値段も変わらなかったものですし。

PR:群馬県太田市で注文住宅を建てるなら子育て世代の家設計室