マイホームにホスクリーンの便利さ

商品名を出してしまいますけれど、マイホームにおいて「ホスクリーン」って便利ですよ。私なりのイメージでざっくりとご説明しますと、ホスクリーンとは天井からぶら下がっている「物干し竿を取り付けられる輪っか」です。電車のつり革のようなものをイメージしてもらっても、イメージと実物はそれほど遠く離れていないと思いますので。

その天井から釣り下がっているつり革のようなものこと「ホスクリーン」は、着脱可能な輪っかなのですよね。ですから、天井にホスクリーンが取り付けられる器具をつけておいてもらえば、必要な時にホスクリーンを着けることができるので便利なのです。

はっきり言って、家の中でスタンドタイプの洗濯物干しを広げるよりも、必要な時だけホスクリーンを取り付けて、物干し竿を引っ掛けて洗濯物を干す方が便利に感じます。洗濯物を干さないときは全てスッキリとしまっておくことができますからね。

ですからマイホームにホスクリーンは必須だとぐらいに思っています。そういうわけで、マイホームを建てるという人は、大工さんにホスクリーンについて言ってみるといいですよ。

PR:栃木県足利市で注文住宅を建てるなら子育て世代の家設計室