数年前に建てた現在の住まいの状況と反省点、 

現在、西部新宿線のふじみ野駅の郊外の静かな環境の造成団地に住んでおりますが、勿論、都内へ通勤をしております。 住まいは、始めに土地を求めてその後、2年位過ぎてから住居を新築した次第です。

我家の土地は、広い分譲土地を元の地主さんが文筆(其の土地を小さく分離させること)したものを購入したもので、凡そ、56坪の土地に建物は和風の木造造りの二階建て、延面積は28坪であり、二階建ての4LDKほどの建物に、子供が一人独立して現在は3人で住んでおります。

ただ、当時は難点とは気が付かず、4区画に分泌した中でも予算の関係で一番安いのを選択してしまった関係上、私道負担の有る奥まったところなのでした。 夏季の時期でもあり当初はそうでもなかったが、今となっては陽当りや風通しがあまり良くなかったのですし、実を云うと、今では若干でも後悔しているところです。

やはり住宅を建てたり、建売住宅を購入するのも環境というのは大切な要素である、風通しや陽当りは充分に考慮しなければならないでしょう。 此等の自然の環境は金銭では買えない大事な要素の一つなのです。

PR:群馬県伊勢崎市で注文住宅を建てるなら子育て世代の家設計室