建築家に伝えた“予算”はあってないようなもの?

私は元々、建築にとてもこだわりがあるタイプで、建築雑誌をたくさん読み漁っては、新しく建てられた建築物をわざわざ観に行ったりする人間でした。それゆえに、将来マイホームを建てるなら絶対に建築家に依頼して注文住宅にしようと決めていました。

長年夫婦で、マイホーム用の頭金をコツコツと貯め、目標額になったとき、目をつけていた建築家に依頼をすることに。建築家は私達夫婦の要望をとても良く解ってくれているようで、打ち合わせは実に有意義なものでした。

それを元にプランが練られ、いざ見積もりが出た時に私は驚愕。予算との差額は・・・なんと1500万!!

いくらなんでも、予算からズレすぎていて開いた口が塞がりませんでした。ちなみにその1500万というのが、夫婦で必死になって貯めて来た頭金と偶然にも同じ額だったので、余計に腹が立ちました(笑)最終的になんとか予算内に納めることに成功しましたが、オーバーした分は、伝えていた要望をバッサリ削ることで解決するしかありませんでした。

正直、見積もりは工務店が実際に出してみないと具体的な額は分かるわけではないですし、建築家に悪気があるわけではないですが、こんなにオーバーすることを見越せないなら最初から期待させないで欲しい〜と思ってしまう事件でした。

これから注文住宅を頼む方は、建築家との打ち合わせでの見積もり通りにはいかない、と思っておいた方がいいですよ。

コメントは受け付けていません。